やっぱ腕がしんどいんです(キースペーサー入れてみた後日談と検証)

昨日、キースペーサーを入れたよ!っていう記事書きました。

8-log.hateblo.jp

 

以前より快適になったのは事実で、

なでるように打てるようになったなーとは感じてます。

 

でもさ、やっぱさ、

押下圧30gキーボードの軽さには勝てないわけですよ

 

結局1時間もしないうちに左の肩がイタイイタイだったので

前の記事でも触れた押下圧30gのキーボードへ

今日はすぐ変えて仕事してしまいました。

 

で、休憩がてらぬぼーっとしながら

そういやPFUエディションのやつに似てて30gのやつ、一応あるんだよなー

でもカナ表記有りなんだよなーカナ表記無しがいいんだよなー

これがカナ表記無しならなー絶対買いなのになー

なんてむふむふ考えてたんですよね。

 

30gのキーボードのキーキャップと

PFUエディションのカナ無しキーキャップ

交換したらいんじゃないの??

 

なんか、ふと、そう思ったわけ。

だってベースは一緒なんでしょ?(あんまり調べてはない)

キーキャップ変えても問題なさそうじゃない?

いやもちろん高くつくけど、キーボードマスターな人たちなら

結構こういう「2体のキーボードのキーキャップ交換」とかやってるくない?

色違いを混在させるとかさ、いや私は今回アイボリーのみですけど。

 

って事で

本当にキーキャップ交換できそうなの?とか

そもそもその30gキーボードに乗り換えるっていうの本当に大丈夫?

PFUエディションとそうではないものの違いとか)

っていうのもあると思うので

そのあたり今日ここで調べてまとめておこうかなって思います。

 

もちろん自分のほしい情報しかまとめないので、

万人向けではありませんこと、ご理解のほどよろしくお願いします。

 

てか、ブログ書く時とかタイピングテストみたいなのしてるときは

別にしんどくないんだよなぁ・・・

仕事だとExcelとかWord作業多くて

ショートカットでよく使うキーの

ShftとかCtrlとか押しまくってる影響もあるのかもしれない。

 

まぁとりあえず今からいろいろ調べてまとめてみたいと思います。

 

PFUエディションに似ている30g押下圧のキーボードを探す■

押下圧30g/テンキーレス/日本語配列/白色か薄い灰色/形がPFUエディション

これを満たすのが以下。ちなみにAPCとかDIPはなくてOK。

そもそもAPCはちょっとわかるけどDIPとか難しい事しらんし!

 

・R2TLSA-JP3-IV

・R2TLSA-JP3-IV-SHK

・R2TLSA-JP3M-WH

 

上の2つはなんか種類違いとかなのかな?

一番下のはMAC用ですね

画像でみるとシルバーだったのでここでは除外します

ちょっとメタメタしてるのはねぇ・・・ちょっと

ねぇ・・・

 

まぁ好きな人は好きでしょうね(マカーな人とか?)

昔のPC付属の富士通キーボードみたいな

くすんだアイボリーとか薄い灰色とかが好きなんで除外いたします。

今、ちょっと左の薬指の先がキーに当たって痛くなってきた・・・

指サックでもつけようかなぁ・・・

 

 

■R2TLSA-JP3-IV  と  R2TLSA-JP3-IV-SHK  の違い■

この2つ、前半の名前同じなんだよね。

SHKってのが違う。

なんだろ、シャーク?んなわけないか。

とりあえず名前を紐解くためにぐぐってみる。

 

って思ったらなんだ、同じじゃん!!!

Amazon用の型番らしい。

Amazonのレビューでも、SHKを購入したけど

R2TLSA-JP3-IVが届いたと書かれていたし

他のサイトでも同じものだと説明されていたので

ここは気にしなくてよさそうです。

 

てかなんでしょうかね、このAmazon用の型番て、

なんのために設定してるんだろ

軽く調べたら、どうも流通の関係で違ってるだけだそうです。

いまいちピンときてないけど、

中身は同じものなのでまぁ大丈夫かな?

 

 

■R2TLSA-JP3-IV  と  PZ-R2TLSA-JP4-IV の違い■

ならばもうあとは、この残ったコイツと

PFUエディションの違いを比較すればいいというわけで

軽く調べてみました。

(比較になるような部分のみ抜粋してます)

 

R2TLSA-JP3-IV(REALFORCE R2 TKL SA)

押下圧: ALL 30g

キーストローク: 4mm

重量: 1.1Kg

サイズ: 142mm x 369mm x 30mm

キー数: 91キーレイアウト

キー構造: ステップスカルプチャ

Nキーロールオーバー: フルNキーロールオーバー

 

PZ-R2TLSA-JP4-IV(REALFORCE R2 PFU Limited Edition)

押下圧: ALL 45g

キーストローク: 4mm

重量: 1.1Kg

サイズ: 142mm x 369mm x 30mm

キー数: 91キーレイアウト

キー構造: ステップスカルプチャ

Nキーロールオーバー: フルNキーロールオーバー

 

 

なんていうか、調べるまでもなかった。

一緒やわこれ

 

押下圧以外全部同じや!!

まぁ一緒であってほしかったんで、良かったです。

ただ重さやサイズ一緒やーなんて思ってたら

微妙にキーの形違って、キー交換したら違和感あるとかもあるかもなんで

公式から画像もってきて比較もしようと思います。

 

■R2TLSA-JP3-IV  と  PZ-R2TLSA-JP4-IV の画像比較■

とりあえず公式から画像はDLしてきました。

最初ここに比較画像のせようと思ったけど

無断転載とかで怒られたらどうしよう!

っていう不安にかられたので、画像みて明らかに違う箇所あれば

そこだけ公式から引用としようと思います。

これは引用と認められない!って怒られたら

まぁションボリしながら文字だけで説明します・・・

 

 

という事で、しばらく目視比較中・・・

 

 

ふむふむ

なるほどなるほど、

やっぱ同じやわ!!!!

右上の色が黒か黄色(金?)かってだけで、一緒や!!!

 

 

上がR2TLSA-JP3-IV、下がPZ-R2TLSA-JP4-IV

f:id:hrgn8:20200714193035j:plain

f:id:hrgn8:20200714193126j:plain

 出典:REALFORCE公式サイト(https://www.realforce.co.jp

 

しいていうなら、

全体の色味がびみょーに違うような違わないようなって感じなんだけども

光の加減と言われればそんなきがする程度。

 

つまり、この2つのキーボードのキーキャップを交換しても

大丈夫!って事ですね。

じゃぁもう1つ3万キーボード買うかと言われると

給付金でマットレス買っちゃったし・・・お金は無いんだよねっていう・・・

あと地味に右上の色、黄色かぁ・・・っていう残念感もある

 

てか本当はPFUエディションって、もっといろいろ機能とかあるっぽいんだよね

でも正直現時点でそれらを使ってないわけで、不要なわけですよ。

そこまで細かい多機能は私にはいらんとですよ。

(じゃぁ買うなよっていうのはなしで!)

 

まぁできるという事がわかったので

いつかやってやろうかしらと思いながら今日は終わりにしようかと思います。

 

REALFORCE R2のキースペーサー入れてみた

先に書きますが画像はなし!

 

なんかもう、キートップ外してははめて外してははめて・・・

を繰り返したらまじで疲れて画像なんてとってられなかったので

感想だけ書こうかと思います。

 

あと、他の素敵なサイト様に、画像いっぱいありますしね。

でも意外に細かい使い心地とか書いてるとこないよね。

 

あ、ブロガーで毎日何万文字もタイピングしてるぜ!とか

コーディングめっちゃするから毎日何千行も打ち込むぜ!とかではないので

がしがし使う人の参考にはならないかもしれない。

作業としては、メール、Excel作業(ちょびっとショートカット使う)、マニュアル作成(Word)、スクリプト作成(ちょろっと)という感じです。

まぁ派遣なんで、たいした作業はしません(笑)

 

とりあえず何もつけてない無し状態~3mmまで全部試してみました。

 

 

■ なんでキースペーサー入れようと思った? ■

在宅が増えて筋力がなくなってきたのか

45g押下圧キーボードだと少ししんどくて

30g押下圧キーボードの方が出番が多い。

でも結構高かったし・・・

どうにかしてこいつを・・・

使ってあげたい!

という気持ちから、

キーストロークが浅くなったほうが楽になりそうな予感を胸に

付属でついていたキースペーサーをセットしてみようと思った。

 

 

■ 使ってるキーボードとかの情報 ■

今回の主人公

名前: REALFORCE R2 テンキーレス「PFU Limited Edition」 日本語配列/アイボリー

型番: PZ-R2TLSA-JP4-IV

押下圧: 45g

キーストローク: 4mm

 

比較用の30g押下圧REALFORCEさん

名前: REALFORCE 108U-A 日本語108配列 白モデル フルキーボード 昇華印刷 荷重30g DIP

型番: XE3100

押下圧: 30g

キーストローク: 4mm

 

 

■ キースペーサー毎の感想 ■

キースペーサー無し

45gなので一般的なキーボードと比べると軽め。

音はスコスコにトコトコを足して2で割ったようなそんな感じ

(ちなみに吸振マットとかいうのつけてるので比較的静かめ)

ただ長時間タイピングしてると、肩の付け根とか、小指の付け根とかが

ズシズシくるような違和感がでてくる。

そういうときに30gのリアフォさんに変えると

え?ってぐらいに、そのズシズシ感がなくなってぬるぬる入力できるようになる。

短時間ではそこまで気にならない。

 

2mm

音がスコスコ+トコトコからスコスコ+カスカス(ちょいトコ有り)へ進化

音量的にも静かめ。

ほんの少し打ち込んだだけで底につくけど、違和感はなし。

無しの状態で押し込むより、明らかに軽く感じる。

長く打ってると、ズシズシ感でてくるかも・・・という不安は少し感じるものの

実際にはでてこないってかんじ。

30gと比べるとやっぱりしっかりした硬さ有り。

上下キーとか頻繁に使う場合は、結局右手がちょっとしんどい・・・

 

3mm

音はさらに静かめ、2mmでもひそかなスコスコはあったけど

それが一切なくなった。

カスカスでもない。カフカフ?

とにかく押すとすぐ底なので、すごい違和感。

でも一番軽い。でも違和感・・・

ノートPCのストロークそのままで高さだけ出たキーボード

って感じ?

 

 

■ 結果 ■

2mmのキースペーサーをセットする事に決めました!

キー自体の本来の音もちょっと残しつつ

ストロークが浅くなった事によりタイピングがはやく打てるようになったし

とても軽く感じたので。

なんていうか、音も感触もいいとこどりのよくばりセット感がすごい。

3mmは絶対ないなと思った。

なんていうか、このキーボードの良さをすべて台無しにする感がすごい。

そこまで浅いストロークがいいなら、もうそういうキーボード買えよ

とアドバイスしたくなるレベル。

ただ30gのものと比べると、やっぱり疲れるかなーと感じるので

結局長文とか長時間ってなると、この子はお休みする事になるのかなぁと

少し悲しい気持ちになりました。

 

もうめんどいし売るか?(ひどい)

 

 

 

 

ローカットフィルターについて考える

前回、記事で

TASCAMのDR-07Xを使ってタイピング音を録る時の設定として

低域カットを220Hzにしたってのを書いたんですけど

果たしてそれでいいのか?っていう疑問がわきまして

 

というのも、実際に今日またタイピング音とってみたんですけど

確かに雑音は減ったけど、なんだか全体的に音が高めになってるような

つまり低域カットのせいで、絶妙な低音部分がなくなっちゃってるんじゃないか?

と思ったんですよね。

 

でも気のせいと言われればそんなかんじもするというか

むしろ低域カットオフのほうがいいんじゃないの?

とか悩みはじめまして、

もうちょっとお勉強しないといけないのかなと思った次第です。

 

でも今日は録音とか動画とったりでまた数時間使ってしまったので

お勉強はまた今度・・・おやすみなさい・・・zzz

キーボードのタイピング動画を作りたいなと思ったので

猫の動画だけじゃなくて、個人名のチャンネルの方に

キーボードのタイピング動画もあげたいなーと思いまして

昨日、テスト的に

動画をとりつつ音を録音して合成するというのをやってました。

さすがに疲れたので記事にはしなかったけども。

 

んで、もうちょい音きれいにできないかなーということで

今日は設定とかを、5時間ほど試行錯誤してました。

 

そういや昨日も5時間位かかったなぁ

動画作るのって大変なんだね・・・

 

ちなみに録音に使ったのは、TASCAMのDR-07Xというやつで

昨日試した時は特に何もいじらずデフォルトで録音

これだけでも結構それっぽくなったんですけど

設定変えて聴き比べたり

他の人のタイピング動画と聴き比べたりして

 

こんなかんじがよさそうだということになったので

書いておきます。

 

--------------------------------------------------------------

■録音設定

[録音形式] MP3 320k.bps

[サンプル] 48k

[チャンネル] ステレオ

[録音サイズ] 2G

[低域カット] 220Hz

 

■入出力設定

[録音形式] 手動設定(録音待機時に85~90に設定)

--------------------------------------------------------------

 

書いてないものはデフォルトのままとか

中には変更してたりするけど音には関係ない設定で

個々の環境によるものなので省略。

チューナーとかエフェクターとか使わないし。

 

ちなみに個々の説明はめんどくさいんで省略します(笑)

さすがに素人なので、細かいところよくわかってないっていう。

 

んでこの中で一番時間かかったのが録音形式で

入力レベルを一体いくつにすればいいのかチンプンカンプン・・・

あーでもないこーでもないとやった結果

自動低減を利用すると、最適値が82位だとわかりまして

82~90の設定で全部録音して聴き比べたところ

85~90が他の人のタイピング動画と同じぐらいな感じでした。

なのでこのあたりにしようかなーと思ってます。

MAXが90なので90にするのはちょっと気がひけるけど・・・

 

85~90のどれがいいのかっていうのは

次回録音する時にまた確認する予定

正直そこまで大きな差はないかなと思ってますが。

 

次に悩んだのが、低域カットってやつで

ネットでちらっと調べた感じ、40でいいだとか

120がいいだとか書かれてたんだけど

実際に録音して、他の人のと聴き比べたら

220が一番近かったです。

なんでこれでいこうと思います。

それ以下だと、どうもこもってるというか

雑音とかも結構拾うかんじでした。

 

あと録音する時に、

PCを起動しないとか(ファンの音うるさい)

空気清浄機や換気扇は切っておくとか

窓は閉めるとか、とにかく雑音になりそうなものは

すべて排除するの重要だなーというのもわかりました。

 

これでもなんか若干ノイズ?っぽいサーっていう音があるんだけど

これはもうどうにもならんかなぁ・・・

冷蔵庫とかだと、さすがに止められないし・・・

 

編集で除去という方法もあると思うので

また明日以降、色々調べてみようと思います。

 

いやー、疲れたけどなかなか楽しい一日でした!

動画をあげてみた

3月ぐらいにiPad miniで撮った動画なんですけど

そこそこ面白くてすきだったので

Youtubeにあげてみた!

www.youtube.com

チャンネル名は「にゃろぐ」です。

ブログの「はちろぐ」みたいな感じで似たような名前にしました。

ちなみに動画用にカメラもかったし、もっといっぱいおもしろかわいいのを

あげていきたいなーと考え中~

 

ただまだいろいろわからないことも多いので

お勉強しながらマイペースにやってみようと思います。

CatMemoNoteが急にリセットされる問題をどうにか回避する方法

えらそうにタイトル書いたけど、

私はメモソフトとして、だいぶ前からCatMemoNoteを愛用してまして

 

<作者さんのソフトの説明ページ>

このページからもVectorとかからでもDLできます。

http://www.cc9.ne.jp/~pappara/catmemonote.html

 

タブが使えるタイプのメモツールなんですけど

ほんと、すっごく便利で

単純なメモとしても、タスク整理にも

なんならプログラムのコード整理にも

なんでも使えるとってもすばらしいツールなんですよ。

ですが1つ残念なことがあってね。。。

 

数年前から発生していたのですが

1ヶ月に1回とか2ヶ月に1回ぐらいの頻度で

すべての設定やらタブやらが、きれいさっぱりリセットされ

一番はじめにインストールした状態に

戻ってしまうバグが存在するんですよね。

 

これ、ネットで検索しても有名で

このツールを使う方は、そのあたり諦めて使っている人多いと思う。

そのぐらい便利なソフトなので。

 

でもやっぱり、仕事が忙しい時に

全部リセットされるのってかなりしんどいし

これが3日連続で発生したことがあって

まぁそのときは、無理にPCをシャットダウンしたとか

そういうのが原因だったんで、私のせいっちゃせいなんですけど

ほんとなえました。

もう

 

あああああああああああああああああああ(死

 

みたいなね

 

特に、今の仕事では

何かが発生すると、みんなにメール通知する

みたいな作業があったりするんですけど

そのメールのフォーマットを条件ごとに

このメモツールで分けてまとめてたりするんですよね。

 

だけど、バグが発生してリセットされてしまうと、

このすぐメールを出すという行動ができない・・・

しかもなおている時間なんて仕事中無いから

昼休みとかどっかの時間を犠牲にしてなおさないといけなくて。。。

 

えーい、このバグどうにか回避できねえのか????!!!!

っつーことで、毎日定期的にiniファイルをバックアップする

バッチを作成しましたので共有いたします。

 

いや、大したものではないけど

そんなに頭使いたくないって人もいると思いますので置いときますです。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

<ファイル名>

CatMemoNote_iniBackup.bat

 

ソースコード

@echo off

 

REM ★★★はCatNoteMemoの格納先

REM ☆☆☆はCatNoteMemoのiniのバックアップ先
set SRC_DIR=★★★
set DEST_DIR=☆☆☆

 

REM iniファイル名、拡張子より前の部分
set INI_FILE1=system
set INI_FILE2=keyword

 

REM iniファイルの拡張子
set INI_EXT=.ini


set YYYYMMDD=%DATE:/=%
set BAT_LOG=%~dp0\backup.log

 

echo ■%DATE% %TIME% >> %BAT_LOG%

 

REM xcopyで「またはディレクトリ名ですか」ときいてくる罠の回避⇒「echo F」
echo F | xcopy %SRC_DIR%%INI_FILE1%%INI_EXT% %DEST_DIR%%YYYYMMDD%_%INI_FILE1%%INI_EXT% /R /Y >> %BAT_LOG%

echo F | xcopy %SRC_DIR%%INI_FILE2%%INI_EXT% %DEST_DIR%%YYYYMMDD%_%INI_FILE2%%INI_EXT% /R /Y >> %BAT_LOG%

echo;
echo; >> %BAT_LOG%

 

exit

 

<補足>

・★★★の例 ⇒ C:\Users\ユーザ名\Documents\Tools\CatMemoNote\

・☆☆☆の例 ⇒ C:\Users\ユーザ名\Documents\Tools\CatMemoNote_iniBackup\

--------------------------------------------------------------------------------------

 

これをタスクスケジューラで自分の好きなタイミングで実行すればOK。

実行すると、☆☆☆のフォルダ直下に

yyyymmdd_keyword.ini」

yyyymmdd_system.ini」

「backup.log」

が作成されます。

backup.logはただの実行ログです。

 

説明は暇なときにでも追記するかもしないかも・・・

 

てか試しに実行すると、ついこないだまで

「%DATE%」でちゃんとyyyymmddが取得できていたのに

なぜかyymmddが取得されているので、いつかなおす。

一旦不便はないので放置!w

 

あとタスクスケジューラでスタートアップ時とかログオン時に実行が

うまく実行できなかったりしたんだよなー

 

それも今度みようかな。